BERES スペシャルサイトはこちら 試打会 | ONLINE SHOP MENU
LINE UPに戻る

TECHNOLOGY

TW757 Type-D PLUS

TW757 Type-D PLUSTechnology

ツアーモデルなのにやさしく、楽に飛ばせる

飛距離、やさしさ、つかまりの機能をプラスしたツアーモデルでやさしく飛ばしたいゴルファーのためのドライバー。

世界初のカーボンスロット搭載

たわみ戻りによる反発力をアップさせるため、ソールスリット部の肉厚を可能な限り薄く設計。このスリットをカーボンで覆うことで強度を確保し、最大の反発を生む。さらに、スリットの長さを短くすることでたわみ戻りがさらに加速。これによりかつてない高初速を実現。

TW757 Type-D PLUS

キールデザイン

ヘッド後方のソール面から外に飛び出した位置に9gのウエイトを配置することで、深重心ながら低重心化を実現。

TW757 Type-D PLUS

TW757 Type-Dよりもドローバイアス設計に

Type-Dに配置されているトゥ側のウエイトをなくし、キールデザインとバックウエイトの位置をさらにヒール寄りにすることで、より重心角が大きくなり、つかまり性能が向上。

TW757 Type-D PLUS

ラジアルフェース

反発領域をフェース全面に拡大させた偏肉構造。これにより上下左右の打点ブレに対しても高初速を実現。

TW757 Type-D PLUS

超薄偏肉チタンクラウン・クラウンリブ

クラウン部の軽量化とフェース周辺の剛性を高めるリブにより、最適なたわみ効果と剛性確保を両立。この偏肉構造がヘッド全体の反発力を高め、さらなる高初速化と高弾道、適正スピンを実現。

TW757 Type-D PLUS

P-SAT 精密スパイン管理

すべてのクラブにおいて、スパインを6時方向に設定。
シャフトの挙動を安定させ、クラブ単体のみならずセット全体での完成度を高めている。

TW757 Type-D PLUS

NON-ROTATING SYSTEM

付属のトルクレンチにより、シャフトを脱着・回転することなく、ライ角やロフト角、フェースアングルの無段階調整が可能。 HONMA独自の画期的な調角機能。

TW757 Type-D PLUS
TW757 D PLUS 発売記念キャンペーン
TW757 D

TW757 DTechnology

カーボン特有の反発力が、いままでにない高初速と飛距離をもたらした。
つかまり重視タイプ

ソールスリットをカーボンで覆うことで、薄いのに高い強度を実現。さらに、スリットの長さを短縮することで、反発力がよりアップ。HONMA史上、かつてない高初速の実現に成功。

世界初のカーボンスロット搭載

たわみ戻りによる反発力をアップさせるため、ソールスリット部の肉厚を可能な限り薄く設計。このスリットをカーボンで覆うことで強度を確保し、最大の反発を生む。さらに、スリットの長さを短くすることでたわみ戻りがさらに加速。これによりかつてない高初速を実現。

TW757 Type-D

アジャスタブルウエイト

トゥ寄りとヒール寄りに配置されたウエイトは入れ替え可能。スイングタイプや求める弾道に合わせて最適化することで、ゴルファーに秘められた力を引き出し、パフォーマンスの最大化を実現。
トゥ3g&ヒール9g(標準装着):つかまり性がアップし、高弾道を実現
トゥ9g&ヒール3g:左にいかない強弾道を実現

TW757 Type-D

Newバーチカルスリットフェース

特にスピン量に影響する打点の上下のブレに効果を発揮する、最も効率的な縦溝状偏肉フェース。高い反発力をフェースの広範囲で実現するため、たとえ打点がブレても初速が落ちません。

TW757 Type-D

カーボンクラウン

クラウン部のたわみによりヘッドの反発性能をアップさせるため、クロスカーボンを採用したカーボンコンポジット構造。これにより余剰重量が生まれ、最適な重心設計を実現。

TW757 Type-D

クラウンリブ

フェース周りの剛性を確保し、カーボンのたわみのエネルギーを効率よく初速に結び付けるためのリブを配置。特にセンター部分のたわみを抑え、瞬時の応力を生む。

TW757 Type-D

キールデザイン

バック側のウエイトをソール面の外側に配置することで、深重心ながら低重心化を実現。

TW757 Type-D

P-SAT 精密スパイン管理

すべてのクラブにおいて、スパインを6時方向に設定。
シャフトの挙動を安定させ、クラブ単体のみならずセット全体での完成度を高めている。

TW757 Type-S

NON-ROTATING SYSTEM

付属のトルクレンチにより、シャフトを脱着・回転することなく、ライ角やロフト角、フェースアングルの無段階調整が可能。 HONMA独自の画期的な調角機能。

TW757 Type-S
TW757 D

TW757 STechnology

カーボン特有の反発力が、いままでにない高初速と飛距離をもたらした。
直進性重視タイプ

ソールスリットをカーボンで覆うことで、薄いのに高い強度を実現。さらに、スリットの長さを短縮することで、反発力がよりアップ。HONMA史上、かつてない高初速の実現に成功。

世界初のカーボンスロット搭載

たわみ戻りによる反発力をアップさせるため、ソールスリット部の肉厚を可能な限り薄く設計。このスリットをカーボンで覆うことで強度を確保し、最大の反発を生む。さらに、スリットの長さを短くすることでたわみ戻りがさらに加速。これによりかつてない高初速を実現。

TW757 Type-S

アジャスタブルウエイト

フェース寄りとバック寄りに配置されたウエイトは入れ替え可能。スイングタイプや求める弾道に合わせて最適化することで、ゴルファーに秘められた力を引き出し、パフォーマンスの最大化を実現。
フェース3g&バック9g(標準装着):高い直進性と高弾道を実現し、オートマチックに打てる
バック9g&フェース3g:初速アップと強弾道を実現し、スピンコントロールを可能に

TW757 Type-S

Newバーチカルスリットフェース

特にスピン量に影響する打点の上下のブレに効果を発揮する、最も効率的な縦溝状偏肉フェース。高い反発力をフェースの広範囲で実現するため、たとえ打点がブレても初速が落ちません。

TW757 Type-S

カーボンクラウン

クラウン部のたわみによりヘッドの反発性能をアップさせるため、クロスカーボンを採用したカーボンコンポジット構造。これにより余剰重量が生まれ、最適な重心設計を実現。

TW757 Type-S

クラウンリブ

フェース周りの剛性を確保し、カーボンのたわみのエネルギーを効率よく初速に結び付けるためのリブを配置。太く長い2本のリブがクラウンのたわみ過ぎを広範囲で抑える。

TW757 Type-S

キールデザイン

バック側のウエイトをソール面の外側に配置することで、深重心ながら低重心化を実現。

TW757 Type-S

P-SAT 精密スパイン管理

すべてのクラブにおいて、スパインを6時方向に設定。
シャフトの挙動を安定させ、クラブ単体のみならずセット全体での完成度を高めている。

TW757 Type-S

NON-ROTATING SYSTEM

付属のトルクレンチにより、シャフトを脱着・回転することなく、ライ角やロフト角、フェースアングルの無段階調整が可能。 HONMA独自の画期的な調角機能。

TW757 Type-S
TW757 P

TW757 PTechnology

進化した飛び系ツアーアイアン

直進性と打点のブレに対する許容性を叶える、飛距離性能にこだわったキャビティアイアン。

飛距離性能にこだわったキャビティアイアン

ストロングロフトでありながも 低・深重心設計により高弾道を実現。直進性向上のために長めに設計された重心距離との相乗効果により、飛距離性能がアップしたポケットキャビティアイアン。
ウエイトの装着位置と重量を3段階に変化させることで、番手ごとの理想の弾道を生む。

TW757 P

反発力アップと反発領域の拡大

フェースの偏肉構造を複雑化し、フェースとボディ接合部の周囲をアンダーカットすることで、反発力のさらなるアップと反発領域の拡大を実現。

TW757 P
TW757 Vx

TW757 VxTechnology

進化した飛び系ツアーアイアン

直進性と打点のブレに対する許容性を叶える、機能を高レベルで調和させたFORGEDアイアン。

機能を高レベルで調和させたFORGEDアイアン

タングステンウエイト(7g)をトゥに内蔵し重心距離を長くし(#4-#8)、さらに、ヘッド幅を大きくしながら、操作性を両立させる重心位置を実現。また、オフセンターヒット時のヘッドのブレをカバーするために最適なトゥとヒールの重量配分を施した。これにより、直進安定性、スピン性能、飛距離性能のアップを実現し、打感と顔のよさにもこだわったFORGEDキャビティアイアンが完成。

TW757 Vx
TW757 B

TW757 BTechnology

進化した飛び系ツアーアイアン

直進性と打点のブレに対する許容性を叶える、本気にさせるマッスルバック。

本気にさせるマッスルバック

トラディショナルな形状のマッスルバックのトゥ側にタングステンウエイト(7g)、その奥に樹脂パーツを内蔵することで、単一素材では実現できない理想の重心設計を可能に。さらに、マッスル部のヒール側を薄くすることで重心がトゥ寄りになり、スイートエリアが拡大。 飛距離性能、直進安定性、縦の距離感の精度を高め、スピンコントロール性能のバランスを高次元で実現。これまでのマッスルバックのイメージを覆す許容性も兼ね備えた。

TW757 B
TW757 FW

TW757 FWTechnology

飛ぶのは当たり前。
こだわり抜いたコントロール精度

ハイブリッド構造による低重心設計(3W)

ステンレスボディ+カーボンクラウンのハイブリッド構造による低重心化がハイローンチを実現。また、カップフェース構造により初速がアップ。

TW757 FW

直進性の高い強弾道を実現

ソールスリットとバックのウエイトの相乗効果により、高初速、ハイローンチ&ロースピンの直進性の高い強弾道を実現。

TW757 FW

Newバーチカルスリットフェース

特に打点の上下のブレに効果を発揮する、最も効率的な縦溝状偏肉フェース。高い反発力をフェースの広範囲で実現するため、たとえ打点がブレても初速が落ちません。

TW757 FW

偏肉クラウンの採用(5W/7W)

クラウンを偏肉にすることで、軽量化とたわみ効果アップを実現。

TW757 FW

最適重心設計

低重心化によるハイローンチ&ロースピンの強弾道を実現する、最適なソールの加重体位置。

TW757 FW
TW757 UT

TW757 UTTechnology

ツアー系なのに、難しくない。
結果、グリーンを引き寄せる

高い初速を生むヘッド構造

ソールスリットとカップフェース(18°)の効果により高い初速性能を実現。TRシリーズよりもさらに扱いやすい重心設計。

TW757 UT

番手別重心設計

番手別に加重体の重量を設計し、低重心化による打出角アップを実現。

TW757 UT

Newバーチカルスリットフェース

特に打点の上下のブレに効果を発揮する、最も効率的な縦溝状偏肉フェース。高い反発力をフェースの広範囲で実現するため、たとえ打点がブレても初速が落ちません。

TW757 UT

偏肉軽量クラウンの採用

クラウンを偏肉にすることで、軽量化とたわみ効果アップを実現。

TW757 UT
PAGE TOP

WEB MEMBERS

メルマガで新製品情報やイベント情報をいち早くお知らせ!

TW757 D PLUS 発売記念キャンペーン